審査が早いクレジットカード3選!早い甘い即日発行の作り方【急ぎの方へ】

年会費無料、最短即時発行と大変便利な審査が早いクレジットカードを分かりやすくご紹介します。
HOME > ネットショッピングをするのに審査が早いクレジット

ネットショッピングをするのに審査が早いクレジット

ネットショッピングをするのに審査が早いクレジットカードがあると便利と聞いて申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人は金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので審査が早いクレジットカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済も大丈夫だろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話をしている人の中で、銀行で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

審査が早いクレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用ではカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとして審査が早いクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

クレジットカードを申し込んだ際にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

買い物に行った時に便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に返済が滞っていたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

よくTVなどで見る審査が早いクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社でしょうか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

場合によっては審査が早いクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に在籍連絡のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

ラクダ
Copyright (C) 2014 審査が早いクレジットカード3選!早い甘い即日発行の作り方【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.