審査が早いクレジットカード3選!早い甘い即日発行の作り方【急ぎの方へ】

年会費無料、最短即時発行と大変便利な審査が早いクレジットカードを分かりやすくご紹介します。
HOME > 最近、ライブチケットなどでクレカ支払いの

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いの

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応など審査が早いクレジットカードが必要なタイミングが増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。

審査で見られるポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、審査が早いクレジットカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在があるからです。

正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済も大丈夫だろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ショッピングをするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的に申し込み時に審査が必ずあります。

なぜかというとカードの発行元からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういった話をしている人の中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとして審査が早いクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

審査が早いクレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入情報だけではないんです。

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を見ているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、そのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと突き合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で使われるクレジットカードですが、申し込みをするのに審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、金融機関に登録した銀行印が必要になります。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことや審査が早いクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートをして、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードはとても便利ですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンや奨学金などを滞りなく返済されているかなどのデータです。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に入っていなかったということもあるので注意しましょう。

最近では審査が早いクレジットカード払い限定のチケット販売があるのでクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

ラクダ
Copyright (C) 2014 審査が早いクレジットカード3選!早い甘い即日発行の作り方【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.