審査が早いクレジットカード3選!早い甘い即日発行の作り方【急ぎの方へ】

年会費無料、最短即時発行と大変便利な審査が早いクレジットカードを分かりやすくご紹介します。
HOME > 高額な買い物をするときに皆さんは支

高額な買い物をするときに皆さんは支

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金で支払う人もいると思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

クレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に在籍連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査を宣伝文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとして審査が早いクレジットカードを挙げる人が多いと聞きます。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

審査が早いクレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報を入力するケースもあります。

その場合、古い審査が早いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

場合によっては審査が早いクレジットカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、審査が早いクレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

審査が早いクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

よくTVなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

大きい買い物をする際やネットショッピングなど色々な場面で活用されている審査が早いクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ネットショッピングをするのにクレジットカード払いのみの場合があるなど申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ持っていないこともあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみできるなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますがカード会社を選べば即日発行も可能なことがあります。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

審査結果がその日のうちにわかります。

合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ラクダ
Copyright (C) 2014 審査が早いクレジットカード3選!早い甘い即日発行の作り方【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.